Waves.Exchangeへの移行: あなたの知りたかった全てのこと

Migration to Waves.Exchange: all you wanted to know” の日本語訳です。ユーザーから上がってきたWaves.Exchangeに対する質問への回答集です。”Waves DEX の Waves.Exchange への移行に関するFAQ“ではタイトルのとおり移行に関する内容がメインのFAQでしたが、この投稿ではWaves.Exchangeのオペレーション方針、機能など、ユーザーが気になる質問に答えています。

  1. Migration to Waves.Exchange: all you wanted to know
      1. トランザクションはブロックチェーン上で引き続き表示可能ですか?
      2. Waves DEXとWaves.Exchangeのマッチャーの動作の主な違いは何ですか?
      3. 独自のマッチャーをデプロイして使用することは可能ですか?
      4. マッチャーの技術的な側面について詳しく教えてください。速度はどのように増加しますか?注文はどのようにマッチングされますか?
      5. 新しい取引所と古い取引所の主な違いは何ですか?
      6. 取引所は特定のユーザーのウォレットをブロックしたり、注文をキャンセルしたりできますか?
      7. iOSのウィジェットは、ターゲットに設定している価格のプッシュ通知をいつできるようになりますか?
      8. 古いクライアントのバグや不整は修正されますか?
      9. 現在Waves.Exchangeの所有者は誰ですか?
      10. 最初に別のクライアントに移動する必要があったのはなぜですか?移行プロセスはユーザーに多くの問題を引き起こしています。
      11. 移行プロセスを「自動」にする必要があったのはなぜですか?
      12. 新規ユーザーをどのように呼び込む予定ですか?
      13. Waves.Exchangeのチームには何人いますか?
      14. Waves.Exchangeの取引手数料はいくらですか?
      15. Sasha IvanovはWaves.Exchangeを所有していますか?
      16. 諮問委員会(advisory board)の責任は何ですか?諮問委員会に追加で人が入る予定はありますか?
      17. 取引所はまだ古いAPIと互換性がありますか?マッチャーのアドレスは変わりませんか?
      18. すべてのトランザクションの自動署名は本当に安全ですか?
      19. Tether(USDT)とNeutrinoを追加する予定ですか?
      20. Waves Keeperを廃棄するのですか?
      21. Waves.Exchangeは、Binance、EXMO、その他の有名な取引所のコピーのように見えます。きらびやかなアバター以外に、何かユニークなものを提供しますか?
      22. ストップロス注文やテイク・プロフィット注文など、追加予定のツールのリストを公開できますか?
      23. 実際、内部では何が変わるのでしょうか?技術面は同じままですか?
      24. プライベートキーは常にデバイスに残りますか?
      25. 新しい取引所のAPIはどうなりますか?以前は優れたPyWavesライブラリがありました…
      26. 新しい取引所の2020年の測定可能な目標はありますか?
      27. 新しい取引所のロゴは、VostokがWavesを見下ろしているように見えます。ちょっと変じゃないですか?
      28. 投機家に対する新しい取引所の考えはどうですか?
      29. 低リスクの検証済みトークンのリストを導入する予定はありますか?
      30. 12月2日の技術作業には8時間かかり、その間、古い取引所でも新しい取引所でも取引することはできません。これはは正しいですか?
      31. 取引所をTradingViewにリンクすることを考えていますか?それは多くのトレーダーを引き付けるでしょう。

Migration to Waves.Exchange: all you wanted to know

Waves.Exchage all you wanted to know

この投稿では、Waves.Exchangeと、Waves DEXからのアカウント移動プロセスに関するユーザーからの質問に答えます。

トランザクションはブロックチェーン上で引き続き表示可能ですか?

はい。これについては変更は発生しません。前と同じように、すべてが記録され、ブロックチェーン上で見ることができます。

Waves DEXとWaves.Exchangeのマッチャーの動作の主な違いは何ですか?

Waves.Exchangeのマッチャーは非同期モードで動作し、トランザクション処理の速度を上げることができる可能性を秘めています。これは依然として高頻度取引(HFT)を意味するものではありませんが、速度を上げるために最善を尽くします。マッチャーは他のことも実行できますが、それについては後ほど詳しく説明します🙂(ネタバレ:マッチャーの新機能の1つについては既に言及しました。その情報を見つけることが出来るように幸運を祈ります!)

独自のマッチャーをデプロイして使用することは可能ですか?

はい。

マッチャーの技術的な側面について詳しく教えてください。速度はどのように増加しますか?注文はどのようにマッチングされますか?

技術に興味のあるコミュニティメンバーがマッチャーの仕様を本当に見たいのであれば、そのうち公開する予定です。私たちの計画には、新しいAPIも含まれており、そのアーキテクチャはすでに開発中です。新しいAPIはより高速になり、イベントのサブスクライブを可能にしたり等、より広範な機能を備えています。後日ブログで詳細を公開します。

新しい取引所と古い取引所の主な違いは何ですか?

分散化のみに焦点を当てるのではなく、ユーザーエクスペリエンスに重点を置いています。既存のすべてのクライアント(web / desktop / mobile)を徐々に、そして完全に再構築します。クライアントを強化するために、WebSocketや特別なバックエンドなどの技術を追加します。一方、私たちが開発してきたキーとなる分散機能は維持されます。これには、シードフレーズストレージ(シードフレーズとキーがあなたのデバイスから離れることはありません)およびマッチャー/決済(すべてのトランザクションがブロックチェーンに書き込まれます)が含まれます。他のすべての要素は、可能な限り高速で使いやすいものになります。

取引所は特定のユーザーのウォレットをブロックしたり、注文をキャンセルしたりできますか?

取引所は、分散化という特性を持ち続けます。資産、プラベートキー、シードフレーズは、あなただけに属します。取引所もマッチャーもそれらにアクセスすることはありません(またはアクセスする予定もありません)。

ただし、新しい取引所では、古くからある問題の修正から先進国での本格的なライセンス運用まで、いくつかの変革的なステージを計画しています。これらの市場では、サービスプロバイダーに特定の要件が求められます。なぜそれらの市場が必要なのでしょうか?それは、新しいユーザー、トランザクション、および流動性を引き付ける機会を得るためです。それらにアクセスするには、特定のルールに従う必要があります。たとえば、それらの国のいずれかからあるユーザーの資金をブロックするリクエストを受け取った場合、私たちはそれを拒否します(どのような場合でも、私たちはアクセスできないのです)。ただし、ライセンスを保持し、流動性とユーザーへのアクセスを維持するには、一部のアドレスの取引所サービスへのアクセスを制限する必要があります。

Telegramはそのように動作しますが、Telegramとは異なり、私たちはユーザーのアカウントやメッセージを削除することはできません。サービスへのアクセスを制限しても、ユーザーは同じブロックチェーン上の他のプロバイダーに切り替えることができます。いずれにせよ、これら全てが適用されるのはまだ先です。今のところ、資産は常にユーザーによって制御され、取引所オペレーターの仕事は流動性を高め、新しいユーザーを引き付けることであると自信を持って言えます。

iOSのウィジェットは、ターゲットに設定している価格のプッシュ通知をいつできるようになりますか?

この機能は活発に開発されており、まもなくユーザーが利用できるようになります。

古いクライアントのバグや不整は修正されますか?

YES, YES and YES! 現在、これが最優先事項です。新しい取引所のチームの主な注力点は、ユーザーとその利便性です。バグの数は減りますが、全くバグのない複雑なマルチプラットフォームソフトウェアの開発は不可能です。間違いなく、バグを修正するプロセスはスピードアップし、ユーザーサポートサービスはすぐに新しいレベルに移行します。

現在Waves.Exchangeの所有者は誰ですか?

他の多くの質問と同様に、この質問に対する答えは利用規約にあります。

最初に別のクライアントに移動する必要があったのはなぜですか?移行プロセスはユーザーに多くの問題を引き起こしています。

いくつかの理由で移行が必要でした:

  1. 法的考慮事項:古いクライアントの「シェル」は、もはや取引所と関連のない会社が所有しています。
  2. 新しい開発構造
  3. 最も重要なのは、シェルの新しいバージョンです。これは、より新しくて速いだけでなく、古いシェルに組み込むことができなかった機能も備えています。主な機能は、新しいクライアントを使用して、外の世界でブロックチェーントランザクションに署名する機能です。たとえば、新しいクライアントにログインしている場合、他のウェブサイトのトランザクションに署名するためにWaves Keeperは必要なくなります。新しいクライアントは、Neutrinoでの高速かつ安全なトランザクション署名に使用されます。また、ゲーム、質屋、および近々予想される多くの分散型金融アプリでも使用されます。新しいクライアントは、Waves Keeperが現在行っていることを実行できますが、よりユーザーフレンドリーになります。 🙂

移行プロセスを「自動」にする必要があったのはなぜですか?

これは、ユーザーのシードフレーズのセキュリティのためだけです。このプロセスは、ユーザーがシードフレーズをどこにもコピーして貼り付ける必要がないように構成されています。

新規ユーザーをどのように呼び込む予定ですか?

紹介プログラム、マーケットメーキングキャンペーン、特別なトレードアクティビティ―、古典的な金融マーケティングを行う予定です。また、パートナーシップの確立にも取り組んでおり、これは後のステージで発表される予定です。

Waves.Exchangeのチームには何人いますか?

約40人

Waves.Exchangeの取引手数料はいくらですか?

0.003 WAVES

Sasha IvanovはWaves.Exchangeを所有していますか?

いいえ

諮問委員会(advisory board)の責任は何ですか?諮問委員会に追加で人が入る予定はありますか?

RobとMarcは、チームが最新かつ信頼性の高い技術ソリューションを見つけて統合するのを支援する技術コンサルタントです。Sasha Ivanovは、Wavesプラットフォームの新しい取引所とプラットフォーム上の他のプロジェクトとの相乗効果を提供します。Ioann Voroninはプロダクト側を担当しています。彼の仕事は、ユーザーがプロダクトに満足するように手配すること、また取引所のユーザーと開発チームの間のコミュニケーションを確立することです。諮問委員会へ間もなくメンバーが追加されます。

取引所はまだ古いAPIと互換性がありますか?マッチャーのアドレスは変わりませんか?

マッチャーの古いアドレスは12月2日に更新されます。短期的には、APIは変更されません。

すべてのトランザクションの自動署名は本当に安全ですか?

そのようには動作しません。トランザクションはユーザーの同意がある場合にのみ署名されます。

Tether(USDT)とNeutrinoを追加する予定ですか?

はい、私たちはそれに取り組んでいます。また、トークンリスティングプロセスを大幅に簡素化します。

Waves Keeperを廃棄するのですか?

Waves Keeperは引き続き存在しますが、ユーザーフレンドリーな代替手段が追加されるのです。

Waves.Exchangeは、Binance、EXMO、その他の有名な取引所のコピーのように見えます。きらびやかなアバター以外に、何かユニークなものを提供しますか?

Waves.Exchangeは、これらの取引所のコピーにはなりません。彼らは資金の分散ストレージを提供せず、ブロックチェーンにトランザクションを記録しません。妥当な比較ではありません。

ストップロス注文やテイク・プロフィット注文など、追加予定のツールのリストを公開できますか?

別の投稿で公開します。

実際、内部では何が変わるのでしょうか?技術面は同じままですか?

まず、Wavesブロックチェーンは「内部」にとどまります。しかし、私たちの計画の範囲を考えると、技術は「変わらない(同じまま)」と言うことも正確ではありません。まもなく、マッチャー、モバイル、ウェブ、デスクトップの各バージョンが大幅に見直されます。現在、チームは既存のツールを「研磨」し、新しいツールを追加することに注力しています。モバイルクライアントについては、大幅に再構築されます。必要なペアをフィルタリングする機能やマーケットのリストは改善され、取引の仕組みは大幅に改善されます。全体として、非常に強力なチームが取引所に取り組んでいるので、その見通しは素晴らしいです!それでも、これらの変更にはしばらく時間がかかります。しかし、リリース日までに、現在円滑に機能していない多くの問題が修正されます。

プライベートキーは常にデバイスに残りますか?

プライベートキーは、あなたの同意なしにデスクトップおよびモバイルデバイスから離れることはありません。

新しい取引所のAPIはどうなりますか?以前は優れたPyWavesライブラリがありました…

APIはリリース時に変更されませんマッチャーのURLアドレスのみが変更されます。

新しい取引所の2020年の測定可能な目標はありますか?

現在のユーザー数の少なくとも10倍を目指しています。

新しい取引所のロゴは、VostokがWavesを見下ろしているように見えます。ちょっと変じゃないですか?

私たちの焦点は、Vostok / WESTに精通している既存のコミュニティだけではありません。私たちは新しいユーザーがほしいのです – まだVostokのロゴを見たことがない新しいユーザーです。できるだけ早く実現したい最も重要なことの1つは、新しい法定通貨ゲートウェイを追加して、クレジットカードを使用して低手数料で資金を入出金できるようにすることです。

投機家に対する新しい取引所の考えはどうですか?

私たちは投機家が大好き!

低リスクの検証済みトークンのリストを導入する予定はありますか?

これを行う最適な方法を考えています。おそらく、低リスクトークン用の「セーフ」ゾーンとその他すべての「ワイルドウェスト」ゾーンを作成することになるでしょう。どちらを選択するかはユーザー次第です。しかし、このアイデアはまだ検討中です。

12月2日の技術作業には8時間かかり、その間、古い取引所でも新しい取引所でも取引することはできません。これはは正しいですか?

ダウンタイムを最小限に抑えようとしますが、両方の取引所が完全に利用できなくなる時間帯があります。

取引所をTradingViewにリンクすることを考えていますか?それは多くのトレーダーを引き付けるでしょう。

はい、私たちはそれについて考えていますが、最終的な決定はまだなされていません。