Waves.Exchangeのアカウント登録方法&注意事項

WavesPlatformが提供する Waves.Exchange はハイブリッドDEX(Decentralized EXchange / 分散型取引所)です。一方、現在大きなシェアをもっている Binanceや、CoinCheck、bitflyer等の国内取引所は中央集権型取引所に分類されます。

この記事では、以下の内容を取り扱いますが、新規登録方法のみ知りたい方は”Waves.Exchangeでのアカウント登録”のセクションから読んでいただくと良いかと思います。

  • 主要中央集権取型引所と分散型取引所の簡単な違い
  • ハイブリットDEXとは何か?
  • Waves.Exchangeでのアカウントの概念
  • Waves.Exchangeの新規アカウント登録方法
  • Waves.Exchangeのアカウントのバックアップ方法

資産を安全に管理しながら、トレード、ステーキングも可能なWaves.Exchangeを是非利用してみましょう。

ハイブリッドDEXとは?

まずDEXですが、これはDecentralizedEXchange(分散型取引所)の略語です。既存の中央集権型取引所と比較しながら違いをみていきましょう。重要な違いは、利用者の資産の取扱方法です。

Binance、コインチェック、ビットフライヤー等の中央集権型取引所では、取引所を運営する組織が存在し、トレードを行うには自分の資産(トークンなど)をその取引所が管理するシステムに預ける(デポジット,deposit)必要があります。この預けた資産を元に組織の提供するトレード、staking、lending等のサービスを利用することになります。ユーザーはウォレットの秘密鍵の管理が必要ない一方、取引所がハッキングされたり、取引所自体が悪意を持って顧客の資産を奪おうとした場合は、ユーザーは資産を失ってしまいます。取引所を信頼する必要があります。

一方、分散型取引所では、この取引所を管理する組織が存在しません。また、サービス利用のために自分の資産を取引所に預ける必要はありません。資産のコントロール権は常にユーザー側に残ります。ウォレットの秘密鍵はユーザーがしっかりと管理する必要があります。紛失した場合、資産を失うことになります。

そして、WavesのハイブリッドDEXですが、なにがハイブリッドなのか?ハイブリッドと呼ばれる所以はマッチャー(Matcher)です。マッチャーとは、トレードの際に各ユーザーが出した売買オーダーのマッチングを行うノードです。このマッチャーノードには管理者がいるため集権的とみなすことができるためハイブリッドDEXと呼ばれています。マッチャーノードを集権的にすることにより、オーダーのマッチングも高速に行うことができユーザーは快適にトレードを行うことができます。しかし、オーダーは常にユーザーのみが保持する秘密鍵により署名したものが必要なので、マッチャーが不正を働くことは不可能なので安心して利用できるのです。

Waves.Exchange アカウントの概念

アドレス = ウォレット 。以下の記事では、アドレスは ウォレット と同じ意味として使用します。そして、注意が必要なのは、”アカウント“という言葉です。中央集権取型引所のアカウントと、Waves.Exchangeのアカウントは意味が違います。

通常の中央集権型取引所では、メールアドレスとパスワードを登録してサービスを利用するのが一般的です。そして、メールアドレスがアカウントとして使用され、パスワード(+2FA/2段階認証など)を使用してログインすることが多いかと思います。アドレス(仮想通貨ウォレット)はアカウント内で管理され、アドレスの秘密鍵は取引所が持つことになります。つまりアカウントアドレスです。パスワードを忘れた場合は、メールアドレスにパスワードリセットリンクが送られてきて再設定等の手順になるかと思います。

一方、Waves.Exchageではアカウントアドレス(ウォレット)になります。アカウント(アドレス)の秘密鍵はユーザーが管理します。よって、アカウント登録にメールアドレスは必要ありません。つまり、ユーザーが秘密鍵を紛失してしまった場合は、復元不可能になります。そして、頻繁に秘密鍵を入力すると流出などの原因になるので、秘密鍵はローカルのストレージにファイルとして保存され、それにアクセスするためのパスワードを使用してアカウントを利用することになります。このパスワードを忘れても秘密鍵さえ覚えておけば復元可能です。

もう一つ、言葉の使い方で注意が必要なものは秘密鍵(プライベートキー)です。Wavesでは秘密鍵は、15個の英単語からなるバックアップフレーズ(シードとも呼ばれる)から生成されます。バックアップフレーズ、秘密鍵のどちらかがあればアカウントの復元は可能ですが、バックアップする対象はすべての元となるバックアップフレーズになります。

Waves.Exchangeでのアカウント登録

Waves.Exchage にアクセスし、右上の”Stake Now”をクリック。

次に、パスワードを登録します。前セクションで説明した通り、これは、アカウント(アドレス)の秘密鍵ではありません。Waves.Exchageでローカルに保存されている秘密鍵を利用開始するためのパスワードです。これはWaves.Exchage側のサーバーに保存されるわけではないので、使用中の端末のみで有効なものになります。このパスワードを忘れても、アカウントのバックアップフレーズを保管していれば、復元可能です。逆にバックアプフレーズを保管せずにこのパスワードを忘れてしまった場合、全てを失うことになります。

次に、アカウントを作ります。”Create a new account”をクリック。

候補が5つ提示されますので、アイコン、アドレスを見て、好みのものを選択、”Continue”をクリックします。

次にこのアカウントに名前をつけます。自分でわかりやすい名前をつけると良いでしょう。入力して、”Continue”をクリック。

以上で、アカウント(アドレス)の作成は完了です。

作成後、必ず、すぐにアカウントのバックアップフレーズのバックアップをして下さい。これを紛失すると全て失うことになるので、必ずバックアップを行って下さい。次セクションで方法を説明します。

アカウントのバックアップ

アカウント作成直後のポップアップウィンドウからのバックアップ手順

アカウントを作成した直後には、右上に”Save your backup phrase(SEED)”と書かれたポップアップウィンドウが表示されています。その中の、Saveボタンをクリックすると、バックアップ画面が表示されます。

“Copy to clipboard”(コピー)、または、”Save as file”(ファイルに保存)のどちらかを選択してバックアップを取って下さい。バックアップが完了したら、”I’ve written it down”クリック。

その後、バックアップしたバックアップフレーズ(シード)に関する注意事項が表示されるので、しっかり理解した上で”I Understand”をクリックしてください。

以上で、バックアップは完了です。

通常メニューからのバックアップ手順

対象のアカウントが選択されていることを確認してください。対象のアカウントが選択されていない場合、”Switch account”からバックアップを取りたいアカウントを選択してください。その後、右上のアイコンをクリック。メニュー一覧から、”Settings”を選択。

表示されたSettingsポップアップウィンドウ内の”Security”タブを選択。”Backup phrase”の”copy”をクリックしてバックアップしてください。
Backup phrase自体はセキュリティーのため表示されていませんが、”Show”ボタンをクリックすることにより表示され、確認することが可能です。コピーされたものが実際に正しいか確認してください。

注意事項

  • バックアップフレーズ(シード)は必ずアカウントを作成した直後にバックアップしてください。
  • バックアップフレーズは安全な場所に保管してください。紛失した場合、アカウントの復元ができなくなります。
  • バックアップフレーズ、秘密鍵(プライベートキー)は絶対に他人に渡さないでください。バックアップフレーズ、秘密鍵を知っている人はすべてあなたの資金を自由に操作できるます。
  • バックアップフレーズ、秘密鍵が流出した疑いがある場合、すぐに新しいアカウントを作成して、そちらに資金を移動してください。新しいアカウントのバックアップも忘れずに。