Waves.Exchangeのアカウント登録方法&注意事項

WavesPlatformが提供する Waves.Exchange は、exchange(取引所)というワードが名前に入っているので取引所をイメージされがちですがwavesのウォレットです。取引所機能、サービスも持ったウォレットです。この取引所機能部分はハイブリッドDEX(Decentralized EXchange / 分散型取引所)になっています。一方、現在大きなシェアをもっている Binanceや、CoinCheck、bitflyer等の国内取引所は中央集権型取引所に分類されます。

この記事では、以下の内容を取り扱いますが、新規登録方法のみ知りたい方は”Waves.Exchangeでのアカウント登録”のセクションから読んでいただくと良いかと思います。

  • ハイブリットDEXとは何か?(+主要中央集権取型引所と分散型取引所の簡単な違い)
  • Waves.Exchangeの新規アカウント登録方法

資産を安全に管理しながら、トレード、ステーキング、資産運用も可能なWaves.Exchangeを是非利用してみましょう。

ハイブリッドDEXとは?

まずDEXですが、これはDecentralizedEXchange(分散型取引所)の略語です。既存の中央集権型取引所と比較しながら違いをみていきましょう。重要な違いは、利用者の資産の取扱方法です。

Binance、コインチェック、ビットフライヤー等の中央集権型取引所では、取引所を運営する組織が存在し、トレードを行うには自分の資産(トークンなど)をその取引所が管理するシステムに預ける(デポジット,deposit)必要があります。この預けた資産を元に組織の提供するトレード、staking、lending等のサービスを利用することになります。ユーザーはウォレットの秘密鍵の管理が必要ない一方、取引所がハッキングされたり、取引所自体が悪意を持って顧客の資産を奪おうとした場合は、ユーザーは資産を失ってしまいます。取引所を信頼する必要があります。

一方、分散型取引所では、この取引所を管理する組織が存在しません。また、サービス利用のために自分の資産を取引所に預ける必要はありません。資産のコントロール権は常にユーザー側に残ります。ウォレットの秘密鍵はユーザーがしっかりと管理する必要があります。紛失した場合、資産を失うことになります。しかし、waves.exchangeのバージョン1.7.0で”decentralized threshold crypto custody”が導入されたことにより、通常の中央集権所のようにメールアドレスとパスワードを使用しつつ、秘密鍵を分散管理することが可能になりました。これにより、設定したパスワードを忘れた場合でも、メールアドレスにアクセスできれば復元可能になりました。

そして、WavesのハイブリッドDEXですが、なにがハイブリッドなのか?ハイブリッドと呼ばれる所以はマッチャー(Matcher)です。マッチャーとは、トレードの際に各ユーザーが出した売買オーダーのマッチングを行うノードです。このマッチャーノードには管理者がいるため集権的とみなすことができるためハイブリッドDEXと呼ばれています。マッチャーノードを集権的にすることにより、オーダーのマッチングも高速に行うことができユーザーは快適にトレードを行うことができます。しかし、オーダーは常にユーザーのみが保持する秘密鍵により署名したものが必要なので、マッチャーが不正を働くことは不可能なので安心して利用できるのです。

Waves.Exchangeでのアカウント登録

以降の説明に出てくるスクリーンショットですが、Waves.Exchangeが頻繁にアップデートされるためメニューの位置、構成などが実際のものと異なっているかもしれません。もし、表示が変わっていた場合でも、全体の流れは同じですので参考にしてください。登録ですが、現在オススメとされているEmailでの登録方法を紹介します。

Waves.Exchage にアクセスし、右上の”Sign Up”をクリック。

そして、下記の通り、赤枠の Email で登録をクリック。

次に、パスワードを登録します。注意事項に書かれている通り、パスワードは、数字、特殊文字、英字小文字、英字大文字を含み、8文字以上にする必要があります。メールアドレス、パスワードを入力後、”Create Account”をクリックします。

すると、設定したメールアドレスに6桁のVerification codeが送られてくるので、その数字を次の画面で入力します。

正しく、Verification codeが認証されると、次の画面が表示されて、登録完了です。

自分のwavesアドレスは右上のアイコン(アバター)をクリックすると、登録したメールアドレスと共に表示されます。3Pから始まるものがwavesメインネットのアドレスになります。

以上で、アカウント(アドレス)の作成は完了です。