Waves.Exchangeへの入出金方法

Waves.Exchangeでトレード、ステーキング、リースを行うには、自分のアカウント(アドレス)へ資金を入金する必要があります。Wavesブロックチェーンのネイティブトークンであるwavesやwavesブロックチェーン上で発行されたトークンの入金と、それ以外のBitcoin(BTC)、Ethereum(ETH), LiteCoin(LTC), Zcash(ZEC), Monero(XMR)等のGatewayを介しての入金になるコインに2種類に分類できます。両方について説明します。

まだ、Waves.Exchageのアカウントをお持ちでない場合は、まず、”Waves.Exchangeのアカウント登録方法“の記事を参照してアカウント作成をしてください。

waves(または、wavesブロックチェーン上で発行したトークン)の送金(入出金)

ネイティブトークンであるwavesとwavesブロックチェー上で発行したトークンは同様に扱うことが可能です。ここでは、wavesで説明します。

入出金は、ダッシュボード(dashboard)画面、またはポートフォリオ(Portfolio)画面から可能です。ここではダッシュボードからの方法を説明します。

ダッシュボード画面が表示されていない場合、下記の通り Wallet > Dashboard メニューを選択し移動してください。ダッシュボード上には、各通貨のカード(ここではカードと呼ぶことにします)が並びます。

入出金(送受信)したい通貨(アセット)が表示されていない場合、画面下部にある”+”をクリックして、リストの中から探して追加してください。

wavesの入金(受信)

WAVESカードの右下のReceiveボタン(下記参照)をクリック。

自分のwavesアドレスが表示されるので、Binance, Bittrex等からwavesを送金する場合は、このアドレスに送金します。アドレスの右に並ぶボタンをクリックすることにより、コピー、QRコードでの表示が可能です。

wavesの出金(送信)

WAVESカードの左下のSendボタン(下記参照)をクリック

表示されるウォームに送金先wavesアドレス、送金量を入力して送金します。”Add description”にチェックを入れると、メッセージも同時に送ることが可能です。なんのための送金かを明確にするためのメモとして利用可能です。

waves以外(BTC, ETH 等)の入出金

Wavesブロックチェーンのネイティブトークンであるwaves(または、wavesブロックチェーン上で発行したトークン)以外は送受信時にGatewayを介して行うことになります。BTCを例にして説明しますが、その他ETH, XMR, ZEC, LTC なども同じです。

BTCの入金(受信)

BTCカードの右下のReceiveボタン(下記参照)をクリック。

下記フォームが表示される。Waves.Exchage以外(wavesブロックチェーン外)の外部取引所から受け取る場合、Fromのオプションで”External Source”を選択する。つまり、Binance, Bittrex, コインチェック、ビットフライヤー等から送金する場合は、こちらを選択する。

別のwavesアカウントからBTCを受け取る場合は、wavesブロックチェーン内で完結できるので、受取アドレスは自分のwavesアドレスになります。つまりwavesアカウントAのBTCをwavesアカウントBへ送金する場合は、送信先アドレスはwavesアカウントBのwavesアドレスになります。Fromオプションで”Waves Account”を選択すると、下記の通り自分のWavesアドレスが表示されます。

BTCの出金(送信)

BTCカードの左下のSendボタン(下記参照)をクリック

Gatewayを利用する通貨の場合、送金の場合も送金先アドレスがWaves上のアカウントかそうではなく外部のBTCアドレスかで動作が変わってきます。しかし、送金の場合、入力した送金先アドレスから自動判別されます。

表示された下記のフォームで、Recipientに外部のBTCアドレス(外部取引所のBTCデポジットアドレス、BTCウォレットのアドレス等)、または、別のwavesアカウントのアドレスを入力します。

下記が外部BTCアドレスを入力した場合の画面です。wavesブロックチェーンから外部BTCブロックチェーンへBTCが移動するためGatewayを介する必要があります。下記の画面では、入力されたBTCアドレスが外部BTCアドレスであることが自動判別され、Gatewayが使用されること、Gateway使用の手数料が表示されています。送金にかかる費用は”Gateway fee” + “waves Transaction Fee”の合計になります。つまり、下記の場合 0.001BTC + 0.001wavesが送金に必要な手数料になります。これは、Binance, Coincheck等から外部へ送金する場合とほぼ同じ手数料かと思います。

次に、送金先アドレスに別のwavesアカウントのアドレスを入力した場合、画面は下記の様になります。この場合、BTCはwavesブロックチェーン外にでず、wavesブロックチェーン内で完結します。よってGatewayは使用されず、Gateway feeもかかりません。手数料は”Waves Transaction Fee”のみとなり 0.001 WAVES です。